可能であれば試乗しよう

中古車購入の際にチェックしたいポイント

新車と異なり、同じ車種・型式であっても、中古車は運転者の乗り方によって価値に差があります。乱暴な乗り方をしたり、メンテナンスを怠ったりしていた中古車は傷みが激しく、故障や不具合も多くなるでしょう。以前のオーナーがどんな乗り方をしていたのかは、車の状態から推察するしかありません。エンジンが息をついていないか、車体に傷が残っていないかといった点も、重要なチェックポイントです。たとえ、傷を修復してあったとしても、塗り直した跡があれば、傷があったことがわかります。このようなポイントを探すため、車を隅々までチェックすることが欠かせません。できれば車の構造や部品に詳しい知人と一緒に中古車を点検しましょう。

試乗すると中古車のクセがわかる

車のボディやエンジンまわりを点検すれば、ある程度車の状態がわかりますが、乗り心地までは掴めません。そこで、実際に気に入った中古車を運転すると、さらに詳しく車のコンディションを把握できるでしょう。試乗と言えば、新車に限ると思っている人もいるかもしれませんが、実際には中古車もディーラーに頼んで試乗することが可能です。路上に出なくても、敷地内を少し走らせれば、中古車独特のクセがわかるでしょう。中古車は、前のオーナーの運転によって、特有のクセがついているものなのです。

以前の運転者と乗り方が著しく違うと、購入時点では良好だった中古車の調子が次第に悪くなり、故障しやすくなったという事例は珍しくありません。試乗してアクセル・ブレーキの踏み心地やハンドルの回り方など、運転の諸動作に不自然な感触がないか、確かめましょう。